インプラント治療がもっと評価されるべき

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。この治療では、結構特殊な外科的施術をしなければならないため色々な症例を診てきた経験豊かな歯科医に診て貰いましょう。それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。
それは本当のことではありません。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険が聴けば治療をうける方の数も増えるかも知れません。
それでも保険適用外なのはこの人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術と結構の手間がかかるためです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外で治療をうけるという手段もあります。インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修をうけています。一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、可能な限りの情報を集めることに努めましょう。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部がのこせれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。抜歯した場合の選択は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になるのです。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、その通りで良いというワケにはいかず、アフターケアが寿命を決定します。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。治療をはじめる前に必ずしるべ聞ことですが、インプラント治療は結構の費用を要することは確かです。
健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大聴くなる原因です。現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。多くの方にとって、インプラント治療をはじめるとき心配なのは、費用がかさ向ことに尽きます。

保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるという点にも注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ